研究者への道

 ここでは私がどういう道を歩んで「研究者」と言われるものになったか、と言うことを書いています。私のブログ"Dynamical Properties"に2007年1月から不定期で連載していた記事の再録が中心です。
  1. 学部生まで
  2. 阪大基礎工へ
  3. 修士課程の頃
  4. 大阪から東京へ
  5. 物性研での日々
  6. D3の1年
  7. 助手生活のスタート
  8. ドイツでの実験と圧力と
  9. ようやく一人前?