発表リスト

最終更新日: 2019-07-11

こちらも合わせてどうぞ: Google Scholar Citations ResearcherID arXiv ResearchGate

プレプリント

  1. “Determination of spin relaxation time and spin diffusion length by oscillation of spin pumping signal” Junji Fujimoto, and Mamoru Matsuo, arXiv:1907.04639.

発表論文

  1. “Dirac Liquid Theory: 2nd Order Perturbation Approach” Junji Fujimoto, Yuki Fuseya, and Kazumasa Miyake, J. Phys. Soc. Jpn. Suppl. 81, SB042 (2012).
  2. “Ultraviolet divergence and Ward-Takahashi identity in a two-dimensional Dirac electron system with short-range impurities” Junji Fujimoto, Akio Sakai, and Hiroshi Kohno, Phys. Rev. B 87, 085437 (2013).
  3. “Transport Properties of Dirac Ferromagnet” Junji Fujimoto and Hiroshi Kohno, Phys. Rev. B 90, 214418 (2014). arXiv:1404.4741
  4. “Strong Bias Effect on Voltage-Driven Torque at Epitaxial Fe-MgO Interface” Shinji Miwa, Junji Fujimoto, Philipp Risius, Kohei Nawaoka, Minori Goto, and Yoshishige Suzuki, Phys. Rev. X 7, 031018 (2017).
  5. “Intrinsic and Extrinsic Spin Hall Effects of Dirac Electrons” Takaaki Fukazawa, Hiroshi Kohno, and Junji Fujimoto, J. Phys. Soc. Jpn. 86, 094704 (2017). arXiv:1705.03605
  6. “Transport Coefficients of Dirac Ferromagnet: Effects of Vertex Corrections” Junji Fujimoto, Phys. Rev. B 97, 104421 (2018). arXiv:1708.06105
  7. “Nonlocal spin-charge conversion via Rashba spin-orbit interaction” Junji Fujimoto, and Gen Tatara, Phys. Rev. B 99, 054407 (2019). arXiv:1812.08884

口頭発表

  1. 藤本純治,酒井章雄,河野浩,“2次元ディラック電子系の紫外発散と不純物効果” 日本物理学会 第67回年次大会,関西学院大学 (2012年03月).
  2. 藤本純治,河野浩,“ディラック強磁性体の輸送係数” 日本物理学会 第67回年次大会,関西学院大学 (2012年03月).
  3. 藤本純治,河野浩,“ディラック強磁性体の輸送係数 II” 日本物理学会 2012年秋季大会,横浜国立大学 (2012年09月).
  4. 藤本純治,河野浩,“ディラック強磁性体におけるギルバート減衰トルク” 日本物理学会 2013年秋季大会,徳島大学 (2013年09月).
  5. 川端優,酒井章雄,藤本純治,柴田絢也,河野浩, “DiracおよびRashba強磁性体におけるGilbert減衰とフィードバック効果” 日本物理学会 2013年秋季大会,徳島大学 (2013年09月).
  6. 藤本純治,河野浩,“ディラック強磁性体の輸送係数” 第3回「固体中のディラック電子」研究会,赤穂 (2013年12月).
  7. 藤本純治,河野浩,“Rashbaスピン軌道トルクの微視的計算” 日本物理学会 第70回年次大会,早稲田大学 (2015年03月).
  8. 藤本純治,河野浩,“Rashbaスピン軌道トルクに対するDirac点の効果” 日本物理学会 2015年秋季大会,関西大学 (2015年09月).
  9. 藤本純治,深澤峻明,河野浩,“輸送現象に対するskew散乱の効果” 日本物理学会 2016年秋季大会,金沢大学 (2016年09月).
  10. 藤本純治,“断熱領域における反強磁性金属の有効模型とスピン起電力” 日本物理学会 2018年秋季大会,同志社大学 (2018年09月).

ポスター発表(国内)

  1. 藤本純治, 伏屋雄紀, 三宅和正, “ディラック液体: 2次摂動の理論” 震災復興支援研究交流会,神戸大学 (2011年03月).
  2. 藤本純治, 伏屋雄紀, 三宅和正, “ディラック液体: 2次摂動の理論” 日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学 (2011年03月).
  3. 藤本純治, 河野浩, “ディラック強磁性体の秩序変数:自己無撞着方程式による解析” 日本物理学会 第68回年次大会, 広島大学 (2013年03月).
  4. 藤本純治, 河野浩, “ディラック強磁性体の輸送係数” 基研研究会「固体中のディラック電子系物理の新展開」, 京都大学基礎物理学研究所 (2013年06月).
  5. 藤本純治, 河野浩, “ディラック強磁性体の輸送係数に対するバーテクス補正の効果” 第69回年次大会,東海大学 (2014年03月).
  6. 藤本純治, 河野浩, E. van der Bijl, R.A. Duine,“温度勾配によるスピン軌道トルクの微視的計算” 第71回年次大会,東北学院大学 (2016年03月).
  7. 藤本純治, 河野浩, “温度Green関数を用いた非線形応答理論” 第72回年次大会,大阪大学 (2017年03月).
  8. 藤本純治, 多々良源, “Rashba-Edelstein磁気抵抗効果の微視的理論: 非局所ゲージ場によるアプローチ” 日本物理学会 2017年秋季大会,岩手大学 (2017年09月).

口頭発表(国際)

  1. J. Fujimoto and H. Kohno, “Microscopic calculation of Rashba spin-orbit torques”, APS March Meeting 2015, San Antonio, TX, US, 2015.
  2. J. Fujimoto and G. Tatara, “Effects of non-local emergent electromagnetic fields driven by Rashba spin-orbit coupling”, APS March Meeting 2018, Los Angels, CA, US, 2018.

ポスター発表(国際)

  1. J. Fujimoto, Y. Fuseya and K. Miyake, “Dirac Liquid Theory: 2nd Order Perturbation Approach”, TOKIMEKI 2011 International workshop on heavy fermions, in Osaka, Japan, 2011.
  2. J. Fujimoto and H. Kohno, “Transport properties of Dirac Ferromagnet”, the 7th International Conference on Physics and Applications of Spin-related Phenomena in Semiconductor (PASPS-VII), Eindhoven, The Netherlands, 2012.
  3. J. Fujimoto and H. Kohno, “Transport properties of Dirac Ferromagnet”, The 8th International Symposium on Metallic Multilayers (MML2013), Kyoto, Japan, 2013.
  4. J. Fujimoto and H. Kohno, “Transport properties of Dirac Ferromagnet”, Concepts in Spintronics, KITP(UCSB), California, US, 2013.
  5. J. Fujimoto, and H. Kohno,“Effects of Dirac points on Rashba spin-orbit torques”, New Perspectives in Spintronic and Mesoscopic Physics, in Kashiwa, Japan, 2015.
  6. J. Fujimoto, and H. Kohno,“Effects of skew scattering on non-dissipative transport properties”, International workshop on nano-spin conversion science & quantum spin dynamics, University of Tokyo, Japan, 2016.
  7. J. Fujimoto, and G. Tatara,“Non-local spin-to-charge conversion via Rashba spin-orbit coupling”, One-Day Symposium on Spintronic Properties of Graphene and Related 2D Materials, University of Tokyo, Japan, 2018.

セミナー

  1. “Thermal spin-orbit torques”, 京都大学基礎物理学研究所, 2014年07月.

その他

  1. 東陽一, 山中里奈, 藤本純治, 多羅間充輔, 杉浦祥, 挾間優治, 江口渡 「第56回物性若手夏の学校開催報告」 日本物理学会誌 67 199 (2012)